iJIT教育

11月 26 2014

2014年度 iJIT教育 業務編初級 第三回

11/22(土)社内研修『iJIT教育初級 第3回:購買編』が開催されました。

昨年度は受講する側でしたが、今回は教える立場になりました。

人に教えるとなると自身がどれだけ理解しているかが如実に現れます。
理解しているから、上手に教えることもできるかというとそうでもありません。

せっかく講師を引き受けたので、受講者にはなるべく多くの事を理解してもらいたい・取引のイメージを持ってもらいたいと思い試行錯誤しました。

その為、普段何気なく使っている用語も1から説明したり、講義だけでなく、実際に受講者が現場の役割をもって、取引の流れを体験してもらったり色々工夫を重ねました。

ただ、法律関係はまだ私も知識が浅い事もあり、自分の言葉にできずに本番を迎えてしまったのは残念でした。

image_20141122_1 image_20141122_2

『教うるは学ぶの半ば』
 人に教えるということは、自分にとっての勉強にもなるということ

講師という教える立場になって改めてこの言葉の意味を再認識しました。

さて、実際の研修はどうだったのかというと、概ね予定通りに進み、特に大きなトラブルもなく終了しました。

あまり活発な質問や意見交換があったわけではないので、本当に理解してくれたのか、いささか心配ではありますが、後日行われるテストの結果を楽しみにしたいと思います。

投稿者:MAT

 

  • セミナー・展示会
  • スタッフブログ