トップ > 会社案内 > 沿革

沿革

1970年
9月
岐阜市内にて㈱岐阜ビジネスセンター設立
データエントリー(データパンチ)業務開始
主な取引先:トヨタ自販様、岐阜県行政情報センター様
1980年 トヨタ部品岐阜共販様
情報処理業務受託(データエントリー、保守運用)
データエントリー業務から徐々にソフト開発業務へとシフト
1990年 システム開発部門を設置し本格的に活動開始
15名の技術者を擁し、受託ソフトウェア開発開始
1995年
11月
岐阜市内より岐阜県各務原市内へ移転
(株)ジービーシーに社名変更
1997年
10月
岐阜車体工業㈱IT部門全員が㈱ジービーシーへ移籍して システム開発部門強化
岐阜車体工業のシステム開発、維持、運用業務のアウトソーシング受注
システム開発の外部販売強化
2000年 システム開発部門
 ・・・基幹系システム開発に加え情報系システム開発を開始
オープン系システム開発(JAVA、VB、C、他)開始
2002年
5月
技術開発部門設置(CAD)
・・・岐阜車体工業㈱の設計技術者の受け入れ
2006年 システム開発部門
 ・・・生産管理システムのソフト作成、販売
技術開発部門
 ・・・トヨタグループ会社へ技術者派遣(19名)
主要取引先:豊田合成㈱様、トヨタ紡織㈱様、岐阜車体工業㈱様
2007年
7月
システム開発部門・技術開発部門が分社化
社員48名にて名古屋市内に株式会社ジャパン・テック・システムを設立
2010年
1月
「トヨタ自動車関連部品メーカー向け基幹業務システムiJIT」発売開始
2010年
10月
ISV VIETNAM CO.,LTD.(ベトナム)に出資
2012年
4月
iJITオープン(Linux,Windows)版の企画・製作
2013年
10月
本社と岐阜営業所を統合し、新本社に移転